エンジニアにとって正社員と派遣社員の違い

システムエンジニアが正社員で働くか派遣社員で働くかによって生じる違いは多い。どちらも会社員として雇用される立場ではあるが、正社員の場合には勤務現場から直接雇用されているのに対して、派遣社員の場合には職場とは直接の雇用関係はなく、あくまで派遣会社の社員となっているのが特徴である。派遣契約によって一定期間は契約に定められた範囲内で働くことになっているため、基本的に派遣社員は同じ職場で働き続けることはできない。

それに対して正社員は転勤がある場合を除けば基本的には同じ職場で働き続けることになる。これに付随して仕事の内容についても差が生じやすく、短期間しかいない派遣社員は開発の中心に置かれることはあまりない。欠員が出たときの穴埋めや全体のサポートを任される傾向にある。正社員の場合にはいつまでも現場にいるのが前提となるため、重要なプロジェクトの中心に据えられることが多く、やりがいのある仕事を任されやすい。

また、もう一つの違いとして留意しておくと良いのが給与体系である。派遣社員の場合には時給制になっているのが通例であり、働いた時間数に見合った形で給与が出る。正社員の場合には月給で定められていて賞与もある場合が多く、全体として金額も多くなることが大半を占めている。しかし、派遣社員は残業を命じられることはなく、望んで行った場合にはそれに見合った収入が得られるのでサービス残業をすることはないという特徴もある。このことから、システムエンジニアとしてどのように働くかは、仕事のあり方や収入を考えてどちらが良いかを選ばなければならない。