技術力により収入を上げやすい働き方

システムエンジニアが自分の人材価値を考える上ではIT系の技術力に着目しなければならない。一般の人と仕事をする上で突出している能力は技術力だけであり、他の面ではシステムエンジニアであるからといって優遇される面はないのが通常である。能力の高さの対価として十分な収入をもらえるようになりたいと考えたら、できるだけ技術力をエンジニアの価値として重視してもらえる働き方を選ぶに越したことはない。

常勤の正社員で働いていると個々のエンジニアの技術力を特別に評価してもらえるケースは少なく、大きな成果につながったときだけ追加報酬や昇進という形で評価されることになる。半分は運によって決まってしまうため、もっと確実性のある方法を選んだ方が技術力を付けた意味が大きくなるだろう。フリーランスは技術力を高く評価してくれる働き方として代表的なものであり、時代のトレンドに合った技術力を持っているシステムエンジニアは高い報酬の仕事を勝ち取りやすくなっている。

フリーランスのシステムエンジニアを起用するときは社内のエンジニアでは戦力的に不十分な場合が多く、新しい技術力を持っている人材を求めているのが典型的だ。トレンドの技術を実践的なレベルで習得を終えているシステムエンジニアは常に重宝されていて、引く手あまたになっている。そのため、高い報酬を出して獲得しようという競争が起こるのも必然であり、高い収入を得ながら働きやすいのである。