収入の高さと安定のどちらを選ぶか

システムエンジニアはいつまでも同じ職場で活躍を続けられるとは限らず、特に開発業務に携わっていると寿命があまり長くはないとされている。三十代後半にもなるとスペシャリストとして別の仕事に従事するように転属になることも多く、そのキャリアパスが望ましくないのなら転職も考慮しなければならない。

システムエンジニアが将来の働き方を考える上で重要なのが収入について熟慮することである、システムエンジニアとして漫然と働いていると収入はあまり上がらず、安定もしないことは多い。自分の能力を磨いてどのような方向性で成長していくかを初期から考慮しておかなければならないのがシステムエンジニアの特徴と言える。その際にどの業界で働くか、専門としてどの領域を選ぶかを決めなければならないが、判断基準としてまず考えておくと良いのが収入をどうするかである。高い収入を得られるようにしたいのか、収入を安定させて落ち着いて働けるようにしたいのかをまず決めなければならないだろう。

高い収入を目指すなら管理職になることを考慮してマネジメントスキルを身につけるか、コンサルタントなどの高収入で知られる職種につけるようにスキルを磨く必要が生じる。一方、安定した収入を得られるようにしたいならシステムエンジニアの雇用が終身になっていて安定している傾向があるウェブ業界やゲーム業界などを選ぶのが賢明であり、その時代に応じて適切な業界を選んで専門性を身につけることが欠かせない。