システムエンジニアとプログラマーの収入差

成長業界であるIT業界に転職すると収入を上げやすいという点がよく着目されている。IT業界で働きたいと考える人はシステムエンジニアかプログラマーを選択することが多いが、これは人材として不足が続いていることに加え、プログラミングなどの基本スキルを身につければ未経験でも受け入れてもらいやすいからだ。どちらを選んだ方が収入が高くなるのかと悩んだら、システムエンジニアを選ぶのが賢明だろう。収入面では同じ企業であればシステムエンジニアに比べてプログラマーの方が劣っている傾向があるからである。

しかし、企業によってどちらの職種が不足しているかは異なるため、転職しやすさについては個々の企業の情報をよく調べた上で判断しなければならない。プログラマーの方が数十万円から百万円程度年収が低い傾向があるものの、それはあくまで平均的なものであることも覚えておく必要がある。また、プログラマーとして転職して後からシステムエンジニアになれる可能性もあり、場合によっては直接システムエンジニアになった人よりも収入が高くなることもあるのも知っておきたい点だろう。

特に業界外から転職してきたシステムエンジニアはプログラミングスキルが低いことが多い。しかし、プログラマーでの現場経験を経てシステムエンジニアになるとプログラミングに長けていて、プログラマーとの意思疎通が円滑に進みやすい。その点を評価されて最終的には高収入で雇われることも多いのである。